メンズ

自身の心にあるもやもや原因を解明!うつ病と賢く向き合う

このエントリーをはてなブックマークに追加

脳内物質分泌を促進

メンズ

脳内的な原因とは

うつ病の症状は、一般的な人と見た目が同じなので、外見では本当にかかっているのかがわかりにくいものです。風邪や外傷とは違い、心の病であるので、ぱっと見での判別が難しいものです。しかし、健全者と違う特徴が脳内に現れています。それは、脳内で分泌されるセロトニンやノルアドレナリンが健全者と比べて少なくなっています。これらの物質は、心身ともになくてはならない物質です。セロトニンの働きは、体だと生理機能、呼吸などのリズム、消化器官系の動きの促進、精神的な安定と覚醒状態の維持をもたらしてくれます。ノルアドレナリンの場合は、運動機能、気分を高揚させる効果をもたらすものなのです。2つの成分は、活発に生活をおくるためにはかかせない成分であるのは確かです。うつ病を効果的に治療していくためには、原因となっている脳内物質をいかにして増やしていくかが鍵となります。

効果的に脳内物質を増やす

うつ病の発症を引き起こす原因としてあげられる脳内物質の減少は、心療内科や精神科での治療で効果的に増やすことが可能です。医師が処方してくれる薬剤には、アクティブな生活をおくるのに必要なセロトニンとノルアドレナリン分泌を促進させる力をもたらすものがあります。しかも、ものによっては副作用のリスクも最小限に抑えられているものもあります。製薬技術が発達したおかげで、体にかかる負担も最小限に抑えられているのです。

薬剤の摂取手順

うつ病を効果的に治すために必要な薬剤は、専門医師の診断によって体質と症状にぴったりなものを選んでくれます。最初は、比較的体への負担が少ないものが多いです。一定期間、服用して効果が現れなかった場合は、より強い効果をもたらしてくれる薬剤に切り替えてくれます。効果が強く現れる分、体にかかる負担が多くなりますが、副作用対策も万全に取ってくれるので、安心して服用できるのは確かです。

薬剤の他にも分泌を促す方法が

うつ病の原因でもあるセロトニンとノルアドレナリン不足は、専門医師による薬剤治療を受けながら、休養を取るのが基本です。ですが、処方薬以外にも、効果的に脳内物質を増やす方法があります。それは、日光浴や睡眠、必須アミノ酸入りのタンパク質を食事に盛り込むことです。これらを実践すれば、セロトニン不足を解消しやすくなります。ただし、これらの治療法を実践していくつもりなら、極力専門医師へアドバイスを求めてからにするのが望ましいです。